太陽光の量と陽焼けの因果関係について

紫外線に含むA波は、硝子を通り抜けてしまう性質をもってる為、部屋の中にいる時も日焼けのケースがあるんです。紫外線には、a波・B波があるのです。B波は雲や気候で阻止できますが、それでも地上に注いでいる紫外線の一つではあるのです。

一年で、紫外線の分量がいちばん多いのは5月から9月にかけてと言われてます。5月の陽光はまだまだ盛夏のような強さがないため、まだ紫外線の対処は考えないと思っている人も数多くいる様なのです。だんだん薄着が多くなり、袖や、パンツがショートになって来るので、これこそ紫外線ケアが重要となるんです。

汗をかくことも、夏の紫外線の対策で気に掛けておきたい所なんです。UVカットは汗でなくなることがあり、よく塗り直して、日焼け止め効果を保持するとよいです。

紫外線をカットしてくれる効能がどの位あるのかは、日焼け予防クリーム毎に異なっています為、SPF値などをみて、自分にピッタリな日焼け止めを見つけ出しましょう。SPF値の大きな日焼け止めのクリームの一回たくさん使用するより、値が低いクリームをこまめにしたほうが日焼け止めクリームの作用がいいと言います。

日焼け止めクリームを付ける際は、肩や、鼻の頭、おでこ、紫外線をうけている所は、頻回につけてくださいね。

午前10時から、14:00までは、紫外線が凄く大量というのを踏まえ行動をしましょう。紫外線の多い時期じゃなく、一年を通じて、紫外線対策をしておく事がお肌のためなのです。

Contacts:
Posted by: kent102 on